ターンオーバーと生理前のニキビ

生理前って憂鬱ですよね。私は、生理前はむくむしイライラするし、食欲がますし、一言で言うとブサイクになってます。

さらに生理前にはニキビができやすくなるし。私は生理前ブサイクという認識があるので、できるだけ生理前には彼や友達と会う予定を入れないようにしています。

友達とあったときは生理前で調子悪いんだと言うと理解してもらえますが、彼にイライラしているときに、生理前だから調子が悪いといってもなかなか理解してもらえないし。

あえて生理前に会って不毛な喧嘩をしても仕方ないですしね。

でも、せっかく生理前の不調から解放されても生理前のニキビはちゃっかり残っていたりして。

せっかく彼や友達と会うぞってときでも、そこらは憂鬱が残る、みたいな。ほんとにっくき生理前のニキビ。

だから、できるだけ、生理前以外の期間で角質を除去したりしてできるだけ生理前のニキビに襲われないように気を付けています。

生理前のニキビができやすいあごまわりって乾燥のせいでお肌のターンオーバーがうまくいってない部分らしいですよ。だから日頃から気をつけたいところですよね。

参考:ニキビ対策、ニキビケアおすすめ商品!

頭皮ニキビとシャンプー探し

襟足あたりに頭皮ニキビができてものすごい気になります。

床屋にいって襟足短めにしてもらったら意外とニキビがあってちょっと困った。

これって髪の毛のおおわれていてわからなかったのかな。

もしかして襟足の髪の毛の量が少なくなって通気性がよくなったら自然になおるってことはあるのだろうか。

ともかく、今のところ治る気配がないので、頭皮ニキビようのシャンプーを探すことにしました。

自分の頭皮ニキビはニキビというより湿疹に近いかも。

自分と同じように頭皮ニキビができている会社の同僚はかきむしったあげく、ニキビの部分がはげたらしい。

おそろしいおそろしい。わかってはいるけど、ニキビはかきむしってはならない。

でも気になる。というわけで一刻も早く頭皮ニキビを治したいわけであり。

なんかコマーシャル見ていると自分と同じような症状の人向けのシャンプーがあるみたいだからとりあえずそれをドラックストアでゲットすることにしよう。

今まであまりシャンプーとか気にしたことなかったけど、シャンプーって意外と大切なのかもしれないと気付いた今日この頃でした。

参考:ニキビ対策、ニキビケアおすすめ商品!

大人も泣けるアニメ映画

心がもやもやして、泣いてスッキリしたい時ってありますよね。

そんな時におすすめの映画があります!

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」

あらすじは、春日部に20世紀博が完成してから大人達は「懐かしい」に夢中になります。

子供達をほったらかして、子供心を取り戻して遊び続ける大人達に、子供達はそんなに懐かしいのっていいのかな?と疑問を持ちます。

20世紀博を運営するイエスタディ・ワンスモアのボス、ケンのは世界をあの頃の素晴らしい時代に戻すことを計画していました。

昭和の暖かさはもう今の時代にはない、物が溢れ人間は腐ってしまった……。

大人達は懐かしい過去を生きることになり、子供達もまた懐かしい世界に馴染むように再教育すると言い放つケン。

そんな時、未来を取り戻すためにしんちゃん達が立ち上がります。

この映画、大人に是非見て貰いたいです!

子供の頃の懐かしい気持ちも楽しみつつ、子供の頃に描いていた未来、大人になった今忘れてしまっているもの、いろんなことに気づかされ、気づいたら涙がこぼれています。

大人になったから見えるもの、子供の頃に見えていたもの。大人になりたいしんちゃんの姿にあなたは何を感じますか?

青春恋愛アニメ映画「ずっと前から好きでした。」の感想

Honey Worksの人気楽曲を軸にしている内容です。

幼馴染の優に思いを寄せる夏樹・・・

何度も告白しようと試みるが本人を前にするとなかなか素直になれず思ったことが言えない

告白をごまかそうとして夏樹は優に告白予行練習だと言ってしまい本当のことを言い出せずにいるのです。

優も夏樹のことが好きなのに予行練習ときいて夏樹に好きなひとがいるのだと勘違いしてしまうのです。

お互いがすれ違ってもどかしい気持ちになっている中、こっそり夏樹に思いを寄せる小雪が夏樹に猛烈アタックをし始める。

優はそれが気に食わなくて夏樹と小雪が一緒に行ったライブの前に夏樹と喧嘩をしてしまうのです。

喧嘩したまま小雪とライブにいった夏樹は頭の中は優のことばかり・・・

ライブの帰り夏樹と小雪のもとに優が現れ三角関係の言い争いになり、そこで夏樹は優に対する気持ちを再確認したのです。

夏樹は決心し、優に告白をして二人はようやく気持ちが通じ合ったのです。

内容的にはHoney Worksの楽曲とリンクしていて頭の中に曲が流れてくる感じでした。

ほかの登場人物の子の恋愛模様の同時進行で描かれてをおりすごく青春が謳歌された作品だと思います。

絵も素敵でかわいらしいものでした。